きんぱね関西株式会社|きんぱね関東株式会社

管更生事業

貯水槽事業のイメージ画像

給水管改修工事

給水管改修工事のイメージ

PTS配管改修工事

経年劣化した錆が発生したり漏水しそうな配管やバルブを、専門スタッフが確実、丁寧に改修します。貯水槽のリフレッシュ工事も同時に施工できるので、とってもお得です。

  • 環境を汚さない
    貯水槽の工事と同時に施工することによって、無駄な廃棄物を減少させます。
  • 高耐久性
    最適の材質で低価格の製品・部材を選定し、ご提案します。
  • 短工期
    貯水槽の工事と同時に施工しますので無駄な作業がなく短工期的です。
  • 高美観性
    貯水槽の工事と同時に施工することによって、美しい外観に仕上げます。
  • 経済的
    貯水槽の工事と同時に施工しますので無駄な作業がなく経済的です。

貯水槽廻り

貯水槽廻り

定水弁・パイロットボールタップ

貯水槽の廻りで代表的なものに定水位弁があります。
定水位弁は、本体とパイロットボールタップで構成されており、 受水槽へ市水を導入し常に一定の水位を保つ働きをします。

定水位弁は定期的なメンテナンスをしないと、満水事故や断水事故を招き、安定した水の供給ができません。定期的なメンテナンスで重要なポイントは、消耗部品の取替や調整です。
本体取替の目安は、一般的に10年程度です。
定水位弁は保温カバーなどで覆われていますので、外からは内部の様子が窺えませんが、貯水槽の補修とともに忘れてはならない大切な項目です。

貯水槽の補修時には、是非とも、配管補修工事をご検討下さい。

ポンプ廻り

ポンプ廻りの配管には数々のバルブ(止水弁)が取り付けられています。これらのバルブはポンプのメンテナンス作業時に操作しますが、経年劣化による錆・腐食によって、機能しなくなると緊急時に対処できなくなります。
また、操作をするたびに赤水発生の原因ともなります。取替は、一般に15年程度が目安です。

ポンプ類も専門スタッフが確実、丁寧に、取替や整備を致します。

貯水槽廻り

給水立て管

給水管は、高架水槽や加圧給水ポンプなどから住居へと飲料水を送る配管です。
配管も経年の劣化によって内部から錆が進行すると漏水事故に至ります。
安心して生活するには修理工事や更新工事が必要です。

貯水槽廻り